トラック

【リアルを公開】トラック運転手の給料明細|賞与が少ない理由と年収事情

更新日:

【リアルを公開】トラック運転手の給料明細|賞与が少ない理由と年収事情

最近では物流業界の取り扱い量が増加したことにより、ドライバー不足と言われており同業種や他業界から、トラック運転手へ転職を考えている人が増えてきています。

そこで気になるのが、トラック運転手の収入と給与明細です。
拘束時間に対する残業代や、資格などに対する手当など、トラック運転手の給与明細はどのような仕組みとなっているのでしょうか。

今回はトラック運転手の給与明細や特徴、どれくらいの収入があるのかなど詳しく解説していきます。

トラック運転手の給料明細の詳細について

トラック運転手の給料明細の詳細について

トラック運転手と言っても、配送する貨物は様々で運転するトラックの種類や大きさも違います。
また、仕事の内容により拘束時間も大きく変わり、給与明細にも違いがあります。

トラックのサイズごとで、給与明細にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

大型トラック運転手の給与明細

大型トラック運転手は、中型や小型トラックの運転手と比べて給与明細の支給額が高い傾向にあります。
比較的、長距離運送が多く拘束時間が長かったり、大型免許やけん引免許などに対する給与明細に手当が付くためです。

一般的な大型トラック運転手の給与明細の支給総額は40~50万円くらいで、手取りでは30~40万ほどとなります。

会社にもよりますが、給与明細には以下のような項目があります。

・基本給、歩合給
・役職手当
・皆勤手当
・無事故手当
・住宅手当
・家族手当
・時間外手当
・深夜手当

それぞれの支給額は会社により大きく異なりますが、給与明細の中で特に多いのが時間外手当と基本給になります。

大型トラック運転手の場合、拘束時間が長く残業が多くなりやすいため時間外手当が多くなりやすいです。

また、運搬する荷物によっては早朝であったり深夜に運行することもあり、その場合は給与明細で深夜手当などが多く支給されます。

中型トラック運転手の給与明細

4tなど中型トラック運転手の場合、会社や運搬する荷物によって仕事量などが大きく違います。

長距離運送の場合は、高速時間が長くなりやすく残業が増えやすい一方で、ルート配送などの場合はある程度スケジュールが決まっており繁忙期などを除き残業は少なくなります。

一般的な中型トラック運転手の給与明細の支給総額は30~40万円ほどとなっており、手取りでは20~30万円くらいになります。

給与明細の項目は、大型トラック運転手とほぼ同じです。

・基本給、歩合給
・役職手当
・皆勤手当
・無事故手当
・住宅手当
・家族手当
・時間外手当
・深夜手当

中型トラック運転手の場合、長距離の仕事もあればルート配送などもあり仕事内容も大きく違います。

そのため、残業が多く時間外手当が多い会社もあれば、深夜の配送で深夜手当が多い場合もあります。

小型トラック運転手の給与明細

2tトラックなど小型トラック運転手の場合、中距離~近距離の配送が多くルート配送などがメインとなります。

ある程度スケジュールが決まっているため、待機などによる拘束は少ない傾向にあります。
運送だけではなく、荷物の準備や積み下ろしの作業もあり、大型や中型トラック運転手に比べると基本給が高いということが特徴です。

一般的な小型トラック運転手の給与明細の支給総額は20~40万円ほどとなっており、手取りでは15~30万円くらいになります。

給与明細の項目は大型、中型トラック運転手とほぼ同じです。

・基本給、歩合給
・役職手当
・皆勤手当
・無事故手当
・住宅手当
・家族手当
・時間外手当
・深夜手当

トラックの運転がメインでない場合などは、給与明細に無事故手当などがつかない会社があります。
給与明細の支給総額が多いドライバーは、残業や深夜手当が多い傾向にあります。

関連記事:大型トラック運転手の給料の実態とは?今がチャンスである理由
関連記事:トラック運転手の給料は?サイズ別や年代別に細かく紹介
関連記事:4tトラック運転手の給料と仕事内容は?手取り額も公開

トラック運転手の給料明細の特徴について

トラック運転手の給料明細の特徴について

トラック運転手の給与明細は、時間外手当や深夜手当が他の職種と比べて多い一方で基本給が少ないことが特徴です。

待機時間と時間外手当、会社としての利益を確保する関係で他の職種よりも低めに設定されています。

また大型トラック運転手の給与明細の場合、大型免許やけん引資格手当が支給されたり、運搬物が危険物でそれに関連する資格を取得している場合も資格手当や運行手当が支給されることがあります。

トラック運転手の給料明細:歩合制と基本給制

トラック運転手の給料明細:歩合制と基本給制

トラック運転手の給与明細の場合、給与形態にも違いがあり基本給制と歩合制があります。
それぞれの違いについて説明していきます。

歩合制

歩合制と聞くと仕事をしただけ給料が上がり、仕事が無かった場合は収入が無くなるイメージがありますが、最低賃金を下回る可能性があるため原則違法となります。

そのため、トラック運転手の歩合制とは固定給に加え、売り上げから諸経費を引いたうちの3~4割ほどが支給されることが一般的です。

運搬物や契約金額にもよるのですが、長距離の運送になるほど売り上げが伸びやすく、大型トラック運転手などの場合は歩合による支給が多くなりやすい傾向にあります。

基本給制

中型、小型トラック運転手の給与明細に多く、基本給が決まっているため毎月安定した収入を得られることが特徴です。

 歩合制に比べ、高所得は狙いにくくはなりますが、仕事量に左右されることがないため、年配のドライバーや女性ドライバーに適していると言えます。

また、時間外手当は基本給の額によって変わるため、残業代を多くもらえやすいメリットもあります。

関連記事:知らないと損。トラック運転手の労働時間や給与・残業代の真実

運送会社の収入は、運転手の売り上げが全てとなります。
そのため、出世などにより役職がついたりすることで給料が上がりにくいと言えます。

一般的な会社のように役職順に高収入というわけではなく、運転手として売り上げが高いドライバーが一番高収入ということも珍しくはありません。

運送会社ではなく、製造会社などのドライバーであったり大手企業の場合は、運送以外の売り上げがあったりすることで、出世で役職手当がついたりして給料上がりやすい傾向にあります。

トラック運転手の給料明細:賞与(ボーナス)がない会社も多い

トラック運転手の給料明細:賞与(ボーナス)がない会社も多い

会社員として働いていて給与明細とは別に気になるのが賞与、ボーナスです。
トラック運転手の場合、会社によりますが賞与がない会社も多くあります。

その理由としては歩合制で普段から売り上げが上がるほど給料も上がり、毎月頑張った分だけ収入が得られるようになっているからです。

また支給される会社においても、上記で説明した通り基本給が少ないため、ボーナスの支給額も他の業界に比べ少ないと言えます。

基本的に大手企業になるほどボーナスは多くでやすい傾向にあります。

関連記事:大手企業トラック運転手の給料はどのくらい?特徴・給料事情を徹底解説!

トラック運転手の給料明細:平均年収は約420〜455万円

トラック運転手の給料明細:平均年収は約420〜455万円

厚生労働省の調査によるとトラック運転手の平均年収は大型トラック運転手の場合が約455万円となり、中型、小型の場合は約420万円ほどになります。

大型トラック運転手の方が拘束時間などが比較的長く、給与明細の支給額が高いことからこのような結果となっています。

そのため、仕事量が多いほど年収が上がりやすく中型、小型ドライバーの方が高収入の場合もあります。

また、企業の大きさによっても給与明細や年収に違いがあり、大きいほど平均収入は高く小さいほど少ない傾向にあります。

トラック運転手の年齢別の平均年収

トラック運転手の年代別の年収は以下の通りとなっています。

年代 平均年収
20代 399万円
30代 440万円
40代 462万円
50代 443万円
60代 368万円

他の職種と比べると、20代、30代の平均年収が高く、理由としては役職や昇給によるものではなく歩合で働いた分だけ収入が上がりやすい給与形態にあります。

そのため、就職してすぐに稼ぐことが可能な一方で、体力が減少し始める50代以降は年収が下がる傾向にあります。

トラック運転手の男女別平均年収

次に男女別での平均年収は以下の通りとなっています。

性別 平均年収
男性 440万円
女性 344万円

男性のトラック運転手の方が約100万円ほど高くなっています。
理由としては、大型トラックを運転する女性ドライバーは少なく、結婚などにより退職してしまうことがあります。

最近では大型トラックを運転する女性ドライバーも増えてきており、仕事量によっては男性以上に高収入の方もいるようです。

関連記事:【必見】運送会社で高収入な企業の月収や年収を詳しく解説

トラック運転手の給料明細:減給に注意する

トラック運転手の給料明細:減給に注意する

トラック運転手として働く場合、給与明細の減給にも注意しなければなりません。

トラック運転手の給与明細には無事故手当が含まれていることが多く、普段の業務で事故を起こしたり荷物を破損させたりした場合は手当が無くなる可能性があります。

またトラックを運転する上で運転免許は必須となるため、仕事中だけではなく普段から車の運転には注意が必要となります。

業務中の事故による損害は基本的に会社が加入している保険金で支払われるので個人的に弁償をしたりすることはないのですが、会社によっては毎月の給与明細から数割負担となる場合があります。

また、事故の原因が自分の不注意などの場合は修理代などを全額請求されることもあるため、事前に会社のルールは把握しておくと共に日頃からプロのドライバーとして安全運転を心掛けましょう。

関連記事:トラック運転手への転職で後悔しない方法
関連記事:トラックドライバーは転職・就職に有利?未経験でもわかる年収や業界状況についても説明

トラック運転手の給料明細についてのまとめ

トラック運転手の給料明細についてのまとめ

今回はトラック運転手の給与明細や給与形態、年収について詳しく解説してきました。

トラック運転手の給与明細は大型のトラックを運転するほど高くなる傾向にあり、その理由としては時間外手当が多いことにあります。

また、他にも深夜に運行する場合は深夜手当などもあり、どれほど売り上げを上げるかによって給与明細が大きく変わります。

トラック運転手は待機時間などが長く、時間外手当が多くなりすぎるため基本給が低めに設定されていることが給与明細の特徴です。

ボーナスは大手企業になるほど多く、会社によっては出ない場合もあります。

運行による売り上げが収入となるため、出世により給料明細の支給額が上がることはあまりない一方で、就職したばかりであっても仕事量によって高収入を得ることも可能です。

ドライバーの仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト


\こんなお悩みありませんか?/


「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」


などのお悩みはありませんか?


今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

ドライバーの求人を探す(無料)

今よりもいい条件のところで働きたい方、私たち「ドライバーキャリア」で探してみませんか?

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリアなどあなたのご希望をお聞かせください。

ドライバーの求人を探す(無料)

-トラック
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.