物流用語

瀬取りとは?意味と使い方|物流用語辞典

更新日:

瀬取りの定義・説明

瀬取りとは、船から船へ積荷を移し替える作業を指します。

船舶を横付けして、「瀬(海の浅い所)で荷物を移し取る」ことから「瀬取り」と呼ばれています。

古本業界などで使われる、安く仕入れた品を高く売る「せどり(競取り・糶取り)」とは異なる用語です。

一般的には、大型船から中型船・小型船へ積み荷を移して輸送する例が挙げられます。

親船から小船へ荷を移した際の、小船のことを指している場合もあります。

急速に発達した船の大型化に、施設の設備が間に合わず不充分だった頃、着岸できない大型船から中・小型船へ荷物を積み替え、内陸まで運搬して積み荷を陸に揚げていました。

近代では、大型船の入港や接岸可能な施設が増えてきたことや、トラックやトレーラーなどの発達により陸上輸送が著しく進歩したため、瀬取りは減少しています。

ただし、まだ設備が不充分である離島や、浚渫(土砂などを取り去る)が難しい施設では、現在でも瀬取りの手法が採用されています。

瀬取り作業において、最も注意しなければならないのが、船舶を寄せる際の衝突です。

作業時には、海域状況や天候、風向きを鑑みて、両船が並走して接舷する方法と、片方が停船して他船に引かれて接舷する方法のどちらかが行われています。

瀬取りの例文

  • 入港が難しいため瀬取りを行う。
  • 瀬取りのために接岸に入る。

瀬取りの関連語

  • タンカー
  • 積荷
  • 荷揚げ
  • 接岸
  • 接舷
  • 浚渫(しゅんせつ)

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-物流用語
-, ,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.