物流用語

ベンダーとは?意味と使い方|物流用語辞典

更新日:

ベンダーの定義・説明

ベンダーとは、販売元、つまり顧客へ商品を提供する納入業者を指します。

言葉の意味は「売り手」「売主」であり、卸から見ると、仕入れ先やメーカーが「ベンダー」にあたります。

特定の決まった商品のみを取り扱っている業者を「シングルベンダー」と呼び、複数の商品を扱っている業者は「マルチベンダー」と呼びます。

ベンダーとよく似た言葉に「メーカー」と「サプライヤー」が挙げられますが、それぞれの意味はやや異なってきます。

まずメーカーは、パーツや原材料を元に製品を製造している会社であり、製造元です。

製造会社をメーカーと呼び、販売の仲介や原材料のみ販売している会社は該当しません。

次にサプライヤーは、企業に対して商品や材料を提供する会社を指します。

企業の立場によっては、提供元がサプライヤーとメーカーを兼ねる場合もあります。

違いとしては、企業へ提供するのがサプライヤーであり、メーカーから製品などを仕入れて消費者へ提供及び販売を行うのがベンダーとなります。

消費者へ販売・提供を行っているのが、ベンダーであるポイントです。

それぞれの違いは、メーカー=製造元、サプライヤー=提供元、ベンダー=販売元と捉えておくと分かりやすいでしょう。

ベンダーは物流業界だけではなく、IT業界でも広く使われている用語になります。

ベンダーの例文

  • ベンダーへよく確認する必要がある。
  • 大手ベンダーとの契約を締結した。

ベンダーの派生語

  • シングルベンダー
  • マルチベンダー
  • ベンダーシステム
  • ベンダーマーキング
  • VMI(ベンダー管理在庫方式)

ベンダーの関連語

  • メーカー
  • サプライヤー

-物流用語
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.