ドライバーの仕事

医療用ガスの配達の仕事とは?給料や休日、メリットデメリットなども紹介

投稿日:

医療用ガスの配達というのはあまり聞き慣れない仕事かもしれません。初めて聞いたという方も知っているけど詳しくないという方もこの記事を読めば深く知ることができます。

この記事では以下のことについて記載しています。

・医療用ガスとは何か
・医療用ガスの配達の仕事について(仕事内容や休日、給料など)
・医療用ガス配達の仕事のメリット・デメリット

医療用ガスの配達の仕事に就こうか迷っている人や興味のある人はこの記事を読めばおおよそのことがわかるので、ぜひ最後まで一読してください。

医療用ガス配達ってなに?

病院や診療所で使用するガスの配達。どういったガスを配達しているのか?配達するための資格はあるのか?など紹介していきましょう。

医療用ガスとは

そもそも医療用ガスってなに?という疑問があるかと思います。仰々しい名前から複雑なガスを想像されるかもしれません。このガスは医療を目的として使う気体のことで、さまざまな種類があります。

例えば、酸素(人工呼吸や酸素療法など)、笑気ガス(麻酔に使用)、窒素(冷却や低音治療など)が代表的に挙げられます。

これ以外にも二酸化炭素やヘリウム、炭酸ガスや酸化エチレンといったガスも用いられます。

ガスはボンベに入れられていますが、このボンベのサイズも大型のものから手で持ち運びができる小型のものまでさまざまあります。

医療用ガスはどこに配達しているの?

上記で紹介した医療用ガスの配達先についてですが、基本的には医療現場となります。病院や在宅医療を受けている方の自宅、診療所や老人ホームなどの介護施設となります。

ちなみにこの医療用ガスは、製造メーカーの工場や倉庫などから運び出されています。

医療用ガス配達に必要な資格

医療用ガスを運ぶためには何か特別な資格があるのか?といった疑問を持った方もいるかもしれません。

結論から言えば特別な資格は必要ありません。ただし、一般的に運搬に使うのはトラックであることから車の免許が必要となります。トラックのサイズは基本的に中型となります。大型トラックは大きすぎる点から小回りが効かないのであまり使われることはないでしょう。

最大積載量が2〜5t程度のトラックであるため、準中型、もしくは中型免許の取得が必要となります。ただし、いつ免許を取得したかによって普通免許だけで運転できることもあるので、自身で確認しましょう。

医療用ガス配達の仕事について

医療用ガス配達について簡単に説明しました。それでは仕事内容について具体的に紹介していきましょう。

医療用ガス配達の1日の仕事の流れ

まずは1日の流れについて知っておきましょう。

8:00 出勤・朝礼
出勤時間は普通の会社員と同じくらいです。出勤後は朝礼と点呼を行います。アルコールの呼気や健康状態の確認などを行います。

8:45 ガスボンベの積み込み
倉庫などからガスボンベをトラックに積み込みます。積み込みには台車などを使います。

9:00 各医療現場に配達開始
各々が担当するエリアに向かって出発します。コースは決められているので、その通りに回れるだけとなります。医療現場では、ガスボンベを下ろして交換を行います。

12:00 昼休憩
12時ごろになればお昼休憩となります。

13:00 午後の配達開始
昼からもルート配送を行います。

17:00 帰社 報告書提出
配達が終われば会社に戻ります。日報または報告書を書きます。

17:30 退社
事務作業が終われば勤務終了となります。

1日の流れを通してみるとシンプルな仕事であることが伺えます。

休日や残業について

配達先が医療現場となるため、基本的に日曜日や祝日は休日となります。土曜日は病院など診療を行っているため、隔週での出勤とケースや土曜日は出勤とし、平日のどこか1日を休日とするケースが一般的です。中には毎週土曜日が休みの会社があるため、土日休みが希望の方は求人欄を確認しましょう。

残業ですが、基本的にありません。配達先が医療現場であることから診察時間内での配達が基本となるからです。また、繁忙期もないので、年間を通して残業時間が少ないです。よほど車の渋滞がない限り、定時で帰りやすい仕事となります。

医療用ガス配達の給料

気になる給料について紹介していきましょう。

医療用ガス配達の平均的な月収は25万円ほど、年収に換算すると350〜450万円となります。地方によって変わってくるので、高収入を狙いたい方は給料水準の高い都市部の求人を見ると良いでしょう。

ボーナスは年に2回ほど支給している会社が多いです。需要はあるため、食いっぱぐれることはないでしょう。ただし、経験を重ねても同じような仕事である点や営業がないことから大幅な昇給が見込めない部分はあります。

しかし、中には本数をたくさん運べば運ぶほど給料が上がる歩合制を採用している企業もあるので、頑張りたい方はそういった会社を選ぶと良いでしょう。

医療用ガス配達の仕事をするメリット

医療用ガス配達の仕事を行う点でのメリットについて紹介していきましょう。

業界が安定している

医療用ガス配達という業界は今もこれからも安定していることが大きなメリットです。日本は医療大国である点や、これから高齢化社会が進むということがわかっているので、医療用ガスの需要はこれからさらに高まると見込まれています。そうなるとガスを配達する仕事も必要となります。

普通の企業であれば、景気変動の影響を受けますが、この業種はそういったことも関係ありません。一度就職すれば食いっぱぐれる心配がなさそうなので安心して働くことができるでしょう。

ルート配送なので仕事が楽

この仕事は基本的に毎日決まったコースを走るルート配送の仕事となります。新しい配送先ができたとしても毎日ではないので、特別難しい仕事ではありません。一度慣れてしまえば毎日同じことの繰り返しなので楽だなと思う方も少なくありません。ややこしい仕事がないところがこの仕事のメリットでしょう。

仕事中は基本的に一人

医療用ガスの配達は基本的にずっと車の運転となります。途中病院などにボンベを下ろしますが、そこまでコミュニケーションを取ることはないでしょう。何より上司の目がないため、自分のペースで仕事を行えます。人間関係のややこしいのがないことも良い点です。

運転中は誰にも見られていないので、自分の好きな音楽を聴いたり、ラジオを聴いたりしながら仕事ができるのも大きなメリットでしょう。

免許さえあれば誰でも働くことができる

この業界で働くために必要なのは車の免許だけです。大卒でないといけない点やトラックの運転の経験がないといけないといった条件はありません。年齢もあまり問われないので、誰でも気軽に働くことができます。就職に対してハードルが低いところがこの業界のいいところです。

営業がない

ルート配送ドライバーの中には営業を行わないといけない業種がありますが、医療用ガスの配達においては営業はありません。ただガスを配達すればいいだけなので、決められた本数を配達するというノルマはありますが、販売のノルマがないので精神的に気楽です。

繁忙期がない

一般的にルート配送など運送業には繁忙期がありますが、医療用ガスの配達には繁忙期がありません。繁忙期になると毎日残業したり、休日出勤となったりするため体力的にも精神的にもきつい時期となりストレスが溜まりますが、そういったことがないのもこの業界のいいところです。

医療用ガス配達の仕事のデメリット

医療用ガスの配達の仕事にはたくさんのメリットがありますが、一方でデメリットもあります。どういったものか紹介していきましょう。

休日の回数が少ない

医療用ガス配達の仕事の休日はあまり多くありません。むしろ少ないとも言われています。平均的な年間休日の数は100〜110日となっています。一般的な会社員の年間休日は120日ほどなので少ない傾向にあります。

一般的に土曜日が出勤になることが多いため、年間休日は少なくなってしまいます。連休が取りにくいので、旅行やのんびりと遊びに行くといったことがしづらくなるのがデメリットでしょう。

家族や友人、恋人との時間を大切にしたい人はあまり向いていないのかもしれません。

責任感を伴う仕事である

医療用ガスの配達はその名前の通り、医療を必要としている方へガスボンベを配達する仕事です。ガスボンベを必要としている方へ送るという責任感も必要ですし、何よりガスを運んでいるため万が一事故を起こしたときに重大な被害を与えてしまうといったリスクがあります。

ルート配送だからと気楽に考えて仕事を行うのではなく、常に緊張感を持って仕事に当たらなければいけないので、プレッシャーがかかる仕事であることを認識しておきましょう。

ボンベが重たい

ガスボンベのサイズは色々あり、軽いものなら手で簡単に運べますが、大型のものは70kg以上あるのでとても重たいです。運ぶ際はカートを使ったり、うまく転がしたりするので直接手で運ぶわけではありませんが、積み込みや積み下ろし、ボンベの交換の際はある程度力を使わなければいけません。

筋力のない方や体力のない方は肉体的にきつい作業になるかもしれません。もちろん運び方のコツや交換のコツなど入社時に作業の方法を教えていただけるので、慣れてしまえば大変ではなくなるでしょう。

まとめ

医療用ガス配達の仕事について詳しく紹介しました。
安定性が高く、給料も生活するためには十分な金額をいただける仕事。その上残業がなく、ストレスも感じにくい仕事であることがわかりました。もちろんデメリットもありますが、どの仕事も悪い部分はあるものです。

自分自身の性格ややりたいことなどを踏まえた上でどうするのかしっかり考えてくださいね。

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-ドライバーの仕事
-,

Copyright© ドライバーズ・マガジン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.