配車係

配車係はきつい?仕事内容から給与、必要資格まで完全網羅!

更新日:

これまでタクシーや荷物配送の依頼をした経験はありませんか?お客様から電話などで依頼を受けた後、ドライバーへ配車や運搬の指示をしているのが配車係です。
では、配車係とは具体的にどんな仕事を行なっているのか、給料ややりがいなどを紹介していきましょう。

配車係(配車マン)とは

配車係ときいてもピンとこない人もいるのではないでしょうか。配車係は表にはあまり出て来ない裏方的な立場ではありますが、会社の売り上げを左右する重要なポジションです。
さまざまなことが起きる状況で最善策を考え、指示する司令塔的な役割を担っています。では、具体的にどのような仕事をするのか解説していきましょう。

配車係の仕事内容

配車係の仕事は多岐に渡っており、一言では説明ができないほどさまざまな業務を抱えています。ドライバーへ仕事を振るだけでなく、交通状況の確認、運行状況の把握、他社の配車係との連携などといったように幅広い業務をこなさないといけません。

業種によって違いがある

配車係の中でも「人」を運ぶバス、タクシー業界と「物」を運ぶ物流業界で業務内容が変わってきます。どのように違うか解説していきましょう。

例1: 物流業界の配車係

物流業界での配車係の仕事は多岐にわたりますが、大まかに説明すると下記の通りです。

  • 荷主であるお客様とのやりとり
  • 車両の手配
  • 配達コースの作成
  • 運行状況の確認
  • 交通状況の確認とドライバーへの指示

また、繁忙期には自社の車両だけでは仕事が回らない時があります。そういった時には他社の配車係と連携し、車両を回してもらったり、閑散期の時に仕事を回してもらったりと売り上げに関わる業務を行います。

例2: 教習所の配車係

自動車教習所での配車係は指導員と教習生の組み合わせを決めることです。多くの場合、受付などの事務作業と兼業で配車係をすることになります。

例3: タクシーの配車係

タクシー業界の配車係はタクシーを呼ぶお客様からの電話対応とその後のタクシー運転手への配車指示が主な業務です。GPSシステムを使い、適切なタクシーを見つけて指示をします。

 女性も少なくない職種!

男性が働いているイメージの多い運送業界ですが、配車係として働く女性もいることをご存知でしたか?ドライバーを始め、お客様や企業とのコミュニケーションが必要な場面で女性ならではの機知に富んだ受け答えや気遣いなどが役立つ場面が多いです。

 配車係(配車マン)になるのに必要な資格・スキルは?

配車係になるためには何か資格が必要なのでしょうか。必要であればどのような資格があるのか、またどういった人が配車係に向いているかも紹介していきましょう。

 運行管理者資格は必須ではない

実は配車係として働くために資格は必要ありません。ただし事業者が持つ車両数によって人数は変わりますが、運行管理者の資格をもつ配車係が一定数必要です。

運行管理者の資格試験を受けるためには

  • 運行管理に関する業務を1年以上経験
  • 国土交通省が認定した団体が行う基礎講習の受講

のどちらかが必要です。

資格をもっていると貴重な人材になる

営業所の中に専任された運行管理者がいれば他の配車係は資格が必要ではありません。しかし一定数の車両をもつ営業所には資格を持つ人が必須なため、企業としては貴重な人材となるので取得した方がいいでしょう。

配車係に必要なスキル

配車係に必要なスキルは状況判断力とコミュニケーション能力です。配送中のトラブルや突然の変更、渋滞などの交通状況を把握し、その状況にあう判断能力が必要です。またドライバーや上司、取引先などいった、さまざまな人と良好な関係を築いた方が仕事もやりやすくなるため、コニュニケーション能力がある方が向いています。

 配車係(配車マン)の平均給与

配車係の給与は会社によって変わってきます。
だいたいの年収の平均は300万円〜500万円ですが、大手企業だともっと高額が期待でき、600万円以上のところもあります。

配車係(配車マン)になるメリット・やりがい

仕事内容が多く、難しいイメージのある配車係ですが、どういったメリットややりがいがあるのでしょうか。

年収アップ

運行管理者の資格を持つものは幹部候補とみなす企業があります。将来幹部となれば年収も大幅に上がるため、より安定した生活をおくれます。企業によっては運行管理者の資格取得のサポートをしていますので、最初は配車係から始めて資格を取ることがおすすめです。

肉体労働ではないので体力がなくてもOK

基本的に配車係はパソコンの前で仕事をすることがほとんどです。重い荷物を運ぶこともないので体力的にきつい部分は少ない仕事です。

配車係になるデメリット

配車係は将来性があってやりがいのある仕事ではありますが、一方でデメリットもあります。どういったデメリットがあるか、ここで紹介していきましょう。

ドライバーから嫌われてしまう、という意見も

配車係は仕事内容によっては割に合わないことや面倒なことをドライバーに指示しないといけなくなることがあります。面倒を押し付ける人が偏るとクレームが入ってしまう可能性があるため、仕事の振り分けはキチンと考えないといけません。

残業が増えがち

物流業界における配車係の業務時間は閑散期、繁忙期によって異なってきますが、基本的には長時間になることが多いです。なぜならドライバーが稼働している時間は配車係も業務にあたらないといけないため、拘束時間が長くなりがちです。また荷物の変更や追加があった際の配車の組み替え、トラブルの対応などと仕事内容が幅広いため定時内で仕事を終わらすことは難しいです。

現役配車係ががやめたい理由とは?

配車係は仕事内容も多いためストレスが溜まりやすいだけでなく、仕事内での人間関係で精神的にきついと感じることがあるようです。
特にドライバーは気が強く気性の荒い人が多いです。そのため、日頃のコミュニケーションで信頼関係を結んでおかないと些細なことで文句を言われたり、面倒な仕事を頼んだ際に断られたりすることがあります。
また、売り上げを伸ばしたい経営者側と仕事が増えると負担が増えるドライバー側との板挟み状態になることもあり、それがきついと感じてしまい辞めていく人がいます。

まとめ

配車係は多岐にわたる仕事をさばくだけでなく、コミュニケーション能力も必要のため決して簡単ではないです。
しかしながら、仕事をこなせるようになれば周りから感謝と尊敬の眼差しを得られる。難しい分、挑戦しがいのある仕事ではないでしょうか。

運行管理者の方へ

【完全無料】日本最大級の運行管理者専用転職サービス

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本の運行管理を担える人材の数は減少しており、転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級の物流転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の運行管理車向け求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々な求人を検索することができます。

お住いの近くにある求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

運行管理者の求人を1分で無料検索

転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

-配車係
-, , ,

Copyright© ドライバーズ・マガジン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.