バス運転手

バス運転手の給料はどれくらいもらえるの?職種や地域、年代別に分けて紹介!

投稿日:

「バス運転手の年収はどれくらいか知りたい」
「バス運転手は民間と公務員で年収の差はあるの?」
「地域別でのバス運転手の年収は全然違うの?」

子供の頃に一度は憧れたバス運転手。

今回の記事ではバス運転手の年収について細かく紹介しています。

・公務員と民間バス運転手と年収の違い
・職種別バス運転手の年収
・年代別年収
・地域別年収ランキング

を紹介しているので、給料が気になる方は最後まで一読してくださいね。

バス運転手の平均年収

バス運転手の平均年収は年齢・性別・地域・職種などを総合すると約450万円となります。月給で計算すると35万円程度が相場で、一般企業と比較しても決して低い金額ではありません。

業種別バス運転手の平均年収

バス運転手は公務員のバス運転手であれば都営や市営の路線バス、民間であれば路線バス、夜行バス、観光バスと3いくつかのパターンに分けられます。それぞれの年収はどれくらいなのか紹介していきましょう。

公務員バス運転手の年収

普段街中で見たり、自分たちが利用するバスは公営や市営のものがあります。市営バスや公営バスと呼ばれるものがそれに当たるのですが、その場合は地方自治体に所属するバス運転手で地方公務員と同じ扱いを受けます。

年収は地方によって異なりますが、東京都の場合、初任給はおよそ17万円程度となります。初任給こそあまり高くありませんが、年功序列で給料は上がっていき、最終的には700万円以上の年収をいただけることもあります。

東京都は日本の中でも年収が高く設定されているため、地方に行くと大きく下がりますが、それでも500万円程度の年収があるようです。

路線バス運転手の年収

民間の路線バスは、公務員と同じように決められたコースを回るバス運転手です。民間の場合、平均年収は400万円と公務員と比べると低くなります。それでも安定した生活を送るには十分な給料ではあるでしょう。ただし、勤務時間が1日10時間を越える企業も少なくなく、労働環境の問題のあるところが少なくありません。

観光バス運転手の年収

観光バス運転手は、旅行会社が決めたコースを運転します。ただ運転するのではなく、バスガイドと打ち合わせを行い、観光ポイントではゆっくり走るといったおもてなしも必要となります。もちろん観光に来られたお客様に楽しんでもらえるよう丁寧に運転することも重要です。

観光バス運転手の年収はおよそ400万円前後となります。あまり高い給料ではなく、労働時間も朝から晩までとなるケースも多いため、割りに合わないという方も少なくありません。

ただノルマもなく、自分も観光名所を回れるため、人によっては楽しめる部分があります。

夜行バス運転手の年収

夜行バス運転手は、夕方から夜にかけてポイントごとにお客様を拾い、夜間の間に高速道路などを運転し、朝方に目的地にてお客様をおろす仕事です。移動距離や時間によって一人で業務にあたる場合と二人で行う場合があります。

夜行バス運転手の年収はおよそ450万円程度となります。距離に応じて手当てがついたりするため、観光バス運転手よりも高い給料をいただけます。深夜にずっと起きていないといけなくなり、昼夜逆転生活となるので、体力的には大変な部分はありますが、安定した生活を送りやすいメリットがあります。

年齢別平均年収

バス運転手も一般的な会社のように経験を積めば積むほど年収が変わるのか、年齢別での平均年収を紹介しましょう。

年齢平均年収
20代370万円
30代450万円
40代470万円
50代500万円
60代320万円

20代前半は400万円に届かないものの後半になると400万円を超えることも少なくありません。30代以降は400万円以上をいただけることが多いです。

60代になってガクッと年収が落ちるのは、バスの運転手の定年が60歳であるからです。再雇用制度で働く方もおられますが、正社員採用ではなく、契約社員のような扱いとなるため、大きく年収が落ちてしまいます。

地域別平均年収

地域によっても平均年収は大きく変わります。
都道府県別の年収ランキングトップ5を紹介しましょう。

順位地域年収
第一位神奈川県580万円
第二位東京都570万円
第三位千葉県505万円
第四位福岡県502万円
第五位富山県487万円

都心部の神奈川や東京都、千葉県が上位に入っています。基本的に政令指定都市は給料が高い傾向にあります。ここにありませんが、埼玉県は第六位に入っています。

続いてワースト5を紹介します。

順位地域年収
第一位宮崎県232万円
第二位沖縄県255万円
第三位青森県275万円
第四位秋田県289万円
第五位岩手県333万円

最下位の宮崎県とトップの神奈川県では倍以上の差がついています。なぜこんなに差がついたのかというと、輸送量に関係しているそうです。

神奈川県は年間800万人キロ(人キロ=乗せた人×乗せた距離)近くを輸送していのに対し、宮崎県は100万人キロと8分の1も差がついています。

まとめ

バス運転手は職種によって働く時間帯、運転する場所、お客様がかなり異なります。年収も地域によって随分と変わってくるので、バス運転手に憧れる方で稼ぎたいという方は都市部へ移動した方がいいでしょう。

バスならなんでもいいきめず、路線、夜行、観光と、どのタイプのバス運転手がいいのかしっかり定めて就職しましょう。

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-バス運転手
-,

Copyright© ドライバーズ・マガジン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.