転職・就職

中卒者が転職・就職を有利に進めるための方法をわかりやすく解説

更新日:

中卒で就職をする場合や高校中退し就職をする場合、フリーターやニート・アルバイトなど、最終学歴が中卒の就職では、色々な面で厳しい現状があります。中卒での就職・転職を少しでも有利に進めるためには、現在の就職事情をよく理解し、どのように就職先へアプローチするか、自分には何ができるのかをよく検討し進める必要があります。中卒には中卒なりに有利な就職・転職ができるように、まずはより多くの情報を集めてみましょう。また、中卒ですぐに就職する場合と3~4年後に転職する場合では、中卒ですぐに就職する場合より就職先の選定枠が違ってきます。年齢的に取得できる資格に違いがあるからです。中卒後の3~4年間は大変重要な期間と言えます。中卒だからこそ、この期間にできることをしっかりやりましょう。

中卒での就職活動では、就職情報に載っている「資格取得」や「スキルアップ」など書かれていることに苦手意識を持つ方がいますが、決して「難しいことをやりなさい。」と言うわけではありませんので敬遠せずに、どのような就職先なのか興味を持って調べましょう。「中卒だから」・「中卒なので」と言う考え方は捨てましょう。中卒のリスクは存在しますが、自分自身が中卒に拘っていては就職先が見つかりません。中卒だけどどうするかが重要で、その考え方は就職してからも役に立ちます。中卒に拘り過ぎると就職先での行動もそうなってしまい、先輩・同僚からも中卒だからねと見られます、中卒への拘りは余計にリスクを高めますので注意しましょう。

目次

中卒者が就職・転職をするときに、知っておくべきこと2選!

学歴不問の求人に応募しても落とされる理由

ハローワークや就職情報誌などで見かける「学歴不問」について、そもそも「学歴不問」とはどのような意味かご存じでしょうか。言葉の通りに解釈すると、就職先としては「応募や採用での学歴は問いません」となります。中卒には大変応募しやすい内容です、そのため「中卒=学歴不問」と考えがちですが、それでも簡単に合格できない状況です。本当は中卒・高校中退などの学歴を見ているのではないか、中卒・高校中退だから採用されないのではないかと考えた方もいるでしょう。特に中卒の方は「中卒」や「学歴」などにコンプレックスを感じる方もいるでしょう。しかし、学歴不問で出しているのであれば必ず、学歴以外の何かで合否を判定するのです。中卒で就職に結びつけるにはそこをよく考える必要があります。

一般的に就職情報では就職先の条件として一定の基準を設け、求職者(就職希望者)を制限しているケースがあります。つまり受け入れの門を狭くしているのです。しかし、前述した「学歴不問」とは基準を設けていないため、受け入れについてはかなり広く門が開かれているので中卒や高校中退には狙いやすいです。ではどのような求職者(就職希望者)を求めているのか。今までの就職先での経験や実力・年齢・資格の有無等様々な内容が考えられます。この内容に合致していないと就職先としては採用してくれません。逆に言えば、合致していれば、就職先としては若い方に長く勤務していただきたいのでかなり有利です。中卒だから学歴不問から就職先を選定しようと言う安易な考えではなく、学歴不問で探した就職先の仕事の内容がどのようなものか確認し、求職者(就職希望者)に何を求めているかを検討する必要があります。

就職してしまえば実力勝負

中卒やフリーター、ニートでの就職は、まず就職先を選定し就職活動を開始させることです。就職・転職先をどこにするのか、ハローワークや就職情報でまず就職したい会社を選びましょう。それから、就職試験・就職面接を受け合格し就職となります。

就職してしまえば、中卒・高卒・大卒も同じ新入社員です。就職先では同じスタートラインに立ったことになります。もちろん同じスタートラインとは言え、やはり周囲の目は中卒だから「世間知らず」ではないかと思われることもあるでしょう。中卒だからこそ、先輩達に指導を仰ぎ、色々なことにチャレンジしましょう。中卒で若いことも大切な武器です。若いからこそ許されることもあります、大卒では聞けないことも中卒だから聞けるのです。中卒だからと恥じている場合ではありません。中卒だから聞くことも多くあるはずです、中卒は就職して多くのことを学び世間を知らなくてはなりません。

どんなに注意深く仕事をしていてもミスは起こります。中卒も高卒・大卒も同じようにミスをします。ミスの内容にもよりますが、中卒と大卒では中卒がミスした方が大目に見てくれる場合もあります。ミスしたからと言って、どうせ中卒だからと決して卑屈にならないこと投げやりにならないことです。ミスをすることで実力が養われます。実力を積めば会社の業績に貢献できます。業績を積めば昇給や昇格ができます。ただし、同じミスは繰り返さないことです。同じミスを続けるとやはり中卒だらと言う目で見られるので注意しましょう。就職してしまえば、中卒・高卒など考える暇はありません、目の前の仕事を一生懸命進めることが重要です。

中卒に対する企業側のイメージ

中卒での転職や就職が難しい理由の1つに、企業側の中卒者に対するイメージがあります。

現在、高校へ進学する場合がほとんどとなっており、中学では進学に向けて受験勉強を誰もが経験します。

中卒の場合その経験がないため以下のようなイメージを持たれがちです。

・継続してなにかに打ち込んだり、努力したりすることが苦手ではないのか

・何かトラブルや問題が起きた際に立ち向かうのではなく直ぐに投げ出して会社をやめるのではないか

もちろん家庭の事情があったり、仕方ない理由がある人も多くいますが、仮に自分はそうでない場合に関してもそのようなイメージを持たれている場合がほとんどです。

中卒に対するイメージを知っておくことで、面接などでのアピール内容に活かすことが可能です。

中卒でも応募可能な求人の見つけ方!メリット・デメリット比較

ハローワークに行って、検索機で探す

中卒で就職活動を行うには、近隣のハローワークへ行ってみましょう、中卒だからと恥ずかしがることはありません。就職情報誌などで探すこともできますが、就職活動をはじめたばかりで何から行えばいいか分からない方もいるはずです。ハローワークへ行けば、就職に関する悩みや相談を行うことができます。どんな就職先がいいか、どのような会社に就職したいか、就職した後どのように生活したいかなど就職に伴う不安や疑問にハローワーク職員の方が答えてくれます。

ハローワークでは検索機で就職先の候補を選定できます。ハローワーク職員の方と一緒に検索機で就職先を確認しながら進めましょう。

(メリット)

・分からない部分はハローワーク担当職員へすぐに確認することができる。

・全国のハローワークと繋がっているため件数が多い。

(デメリット)

・ハローワーク求人件数が多いため分かりにくい。

ハローワークインターネットサービスを使う

ハローワークインターネットサービスは全国の就職情報を閲覧することができます。

(メリット)

・ハローワークインターネットサービスは自宅で検索することができ検索指定もできるので便利です。

・ハローワークインターネットサービスは外出先でも検索できる。

(デメリット)

・求人案件の応募には紹介状が必要な場合があるため、その際はハローワークへ行く必要があります。

・初めての場合使い方を聞く人がいない。(ハローワーク職員など)

求人情報誌、求人広告を見て探す

無料で配布されている就職情報誌や店舗に張り紙がされているなど、案外近くに求人広告を出している場合があります。特に個人経営などの飲食店などが店先に求人広告を出しています。中卒で個人の飲食店を経営したい方などの経験を積むには貴重な情報です。

(メリット)

・近隣での就職が可能な場合があります。

・手軽に情報収集ができる。

・求人情報誌に載っていない就職・転職先がある。

(デメリット)

・多くの情報から「中卒」や「学歴不問」の求人を探すのに時間がかかる。

求人サイトを見て探す

パソコンやスマートフォンにより、インターネットを経由して就職情報を検索できる。

(メリット)

・時間があればいつでも、どこでも、インターネット環境があれば探せる。

・スマートフォンからでも検索・応募が可能。

(デメリット)

・検索条件の設定がそれぞれ違うので使い方を把握しないと使いにくい。

転職エージェントに登録して探す

就職・転職先を自分で探すのが苦手な方におすすめなのが転職エージェントです。

(メリット)

・転職エージェントが就職先の検索や選定以外に、履歴書の書き方や面接の対応などフォローを行ってくれます。

(デメリット)

・転職エージェントでは、就職先のジャンルによって得意・不得意があります。

中卒でも就職・転職を成功させたい!その1番の方法は?

まずは長続きしそうな職種を自分で見つけることが大切

中卒で転職や就職をする場合、学歴不問の職種を見つけたりすることがコツとなりますが、大前提としてあるのが『長続きしそうな仕事なのか』ということです。

いくら自分の能力に合っていたり、条件が良かったりしても長続きしなければ全く意味がありません。

また、上記で説明したように企業側は『中卒は努力が苦手だし長続きしない』というイメージを持っている場合がほとんどです。

自分に合っていないからと何度も転職を繰り返すほど、次の転職では圧倒的に不利になり悪循環となってしまいます。

1つの会社で長年続けて努力すれば、経験やスキルが身についてキャリアアップなど更に上を目指しやすくなるので、まずは長く続けられそうな求人を選ぶようにしましょう。

ハローワークで中卒からの募集が多い主な職種を知ろう!

建築系や運送・工場系は「学歴不問」が多く中卒には狙い目の就職先です。建設作業現場では労働のきつさから大卒や高卒も敬遠しがちです。中卒の若さと体力で対応できる就職先でもあります。また、運送業界もドライバー不足により狙い目の就職先です。長距離ドライバーは未成年には厳しいかもしれませんが近距離ドライバーなどは良いでしょう。ただし免許書の取得により中卒ですぐに就職は厳しいです。工場系は工場によっては夜勤がありますので未成年には厳しいでしょう。中卒で公務員を考えている方は自衛隊や消防士などがあります。こちらも訓練などがありますので体力勝負の部分があります。

その職種の給料・年収・必要な資格・取得方法

運送業

近年ではインターネットの充実によりネット通販を利用される方が増加する中で、運送荷物の増加や個人への小口配送の時間指定による再配送など、運送業界はトラックドライバーが不足している状況です。また、政府の指導する働き方改革による長時間労働の規制など運送業界を取り巻く環境は大変厳しい状況にあります。しかし、言葉を変えればドライバーを増やしたいと言うのが運送会社の考えとも言えます。ハローワークなど運送会社の就職情報によっては即採用などもあり得る状況で、就職先としては狙い目の職業と言えます。運転免許は必要ですが、運送会社でも免許に合わせた仕事や免許の取得に前向きな対応を取ってくれる会社もありますので、情報収集はしっかりやりましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

一口にトラックドライバーと言っても、長距離を移動するトラックもあれば、近距離を中・小型のトラックで輸送する場合もあります。また、労働条件に大きく関わってくるのが、荷物の積み下ろしです。トラックをトラックバースに繋ぐだけなのか、フォークリフトでパレットごと積み込むのか、手で積み荷を移動させるのかで全く違ってきます。給与面を考えれば近距離より長距離が高いですし、荷物の扱いも手積みが高くなります。運送会社がどのような商品を扱い、どのような輸送を行うのか、より多くの情報を集めることが年収につながります。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

こちらをクリックしてください。

電気工事関係

中卒の就職先として、ハローワークなどで電気工事関係も「学歴不問」の物が比較的多いです。しかし、誰でも電気工事ができるわけではありません。電気工事を行う資格を学業とは別に取得する必要があります。このため、高卒や大卒が有利とは言えない状況です。中卒でも資格取得に向けてきちんと準備して合格できるようにしましょう。資格を持てば将来的に安定した就職先となります。

土木工事関係

土木工事関係では、とにかく体力勝負といっても良いでしょう。学歴ではなく体力が重要視される職種です。自分の体力があるかによって向き不向きが大きく分かれます。そのため採用枠は大きめです。中卒者の若さと体力でアタックしましょう。ただし、昇進を目指す場合はある程度学力が必要となります。また、現場監督や技師を目指すのであれば、現場経験が必要ですので現場作業を覚えつつ資格取得に向けて勉強することが必要です。

警備

警備員も人員不足の職種です。正社員だけでなく契約社員やアルバイトなど多くの採用枠を持っている就職先です。ただし、警備の内容によっては、深夜勤務や早朝勤務などもありますので未成年には厳しいです。よく確認しておきましょう。

飲食関係

飲食関係は非常に人の出入りの多い職種です。学歴よりも経験が物言う職種です。こちらも、常に人材不足のため採用枠が大きいです。しかし、飲食関係は料理を作るだけでなく、接客も必要になりますので注意が必要です。中卒で将来自分の店を持ちたいと言う考えで行くのも良いでしょう。ハローワークなどでは大手の飲食店での求人が多いです。

中卒で転職・就職する場合の履歴書の書き方

転職や就職をする場合に必須となる履歴書ですが、その書き方や内容によって内定をもらえるかが大きく変わります。

特に面接の前に履歴書審査がある場合は、それだけで判断されるため特に重要となります。

まず書き方などとは別に、必ず守るべきルールとして以下のようなことには注意しましょう。

・修正液や修正テープは使用NG
・飲み物をこぼした跡など汚れている履歴書や折れている履歴書は使用NG

履歴書は学歴や志望動機、資格や職歴など記入する項目が多く、途中で文字を間違ってしまったり内容に納得がいかないといったことがあります。

このような場合、その箇所だけを修正したくなるのですが、絶対に修正液などは使用しないようにしましょう。

見栄えが悪くなるだけではなく、集中力が無いのではと思われる可能性があります。

また、テーブルなどで記入する場合に、汚れが履歴書に付着するといったことがあった場合は必ず新しいものに変えましょう。

他にも、履歴書が折れ曲がっていたりシワになっていたりするものは使用しないようにしましょう。

職歴欄は正社員経験でなくてもOK

今までアルバイトや派遣などの仕事をしていて、正社員として働いたことがない場合、履歴書の職歴欄には記入できないと思われがちです。

ですがそのようなことはなく、アルバイトなどであっても記入するようにしましょう。

企業側は雇用形態ではなく、今までどのようなことをしていてどんなことに頑張ってきたのかなどを知りたいと思っています。

記入しないままで提出していると、この間は何をしていたのだろうかとマイナスなイメージを持たれる可能性もあるので記入するようにしましょう。

資格欄には職種関係なく、持っているものを全て記入する

資格欄の記入ですが、応募する会社で役立ちそうな資格関係なく全て記入するようにしましょう。

意外な形で役立つ可能性がありますし、資格を取得するために努力したという証明にもなります。

また、資格は無いけど現在資格取得に向けて勉強などに取り組んでいる場合は『〇〇資格取得に向け勉強中』と記入することも可能です。

もちろん国家資格以外でも、検定や何級なのかなど全く関係ないので全て記入します。

中卒で履歴書を記入する際のポイント

履歴書は学歴や取得済みの資格、志望動機などで判断されると思われがちですが、手書きであることから筆跡もとても大切になります。

文字がきれいな方がいいのですが、下手であっても丁寧に記入した字は見てすぐに分かり、きれいであっても雑に書いた場合においても相手には必ず伝わります。

記入する際は急がず丁寧に書くようにしましょう。

次に志望動機などですが、まずは自分の経験談を通じてとにかく得意なことをアピールすることが大切です。

たとえ仕事とは関係無いことであっても家族の介護を続けている、アルバイトを〇〇年続けているなど自分が頑張ってきたことをアピールするようにしましょう。

『貴社の〇〇という理念に・・・』など誰もが書くような志望動機では他の人と似たような内容になってしまい印象を残すことができません。

中学を卒業することはマイナスなイメージしか無いように思われがちですが、そんなことはありません。

既に働いている場合など、同世代の人と比べて誰よりも早く長い間働いたことは大きな強みであり、アピールポイントとなります。

面接当日に気をつけること

履歴書と同様に面接も自分をアピールする場であり、内定を勝ち取る上でとても重要と言えます。

面接時やその前後のマナーなどについて、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

到着前から到着後のマナー

面接で気をつけることは、面接室に入ってからというイメージを持つ方が多いですが、面接会場に到着した時点から既に面接は始まっています。

まず言うまでもなく遅刻は厳禁であり、前日には面接日の天気などを調べ交通機関に遅延が出た場合のことを考えて行き方を複数考えて置くようにしましょう

また、早く到着しすぎても対応できないので決められた時間の15分くらい前に到着するようにしましょう。

会社に入る前には身だしなみを確認し、スマホは必ずマナーモードにしておきます。

受付では『本日○○時に面接のお約束をさせていただいていました、○○と申します。人事ご担当の〇〇様にお取次ぎをお願いいたします』といった感じで要件を伝えましょう。

控室でのマナー

会社に到着後はすぐに面接になる場合もあれば、控室などで待機することもあります。

控室で待機する場合、なるべくじっとして待つようにしてスマホや本などを読むのはなるべくやめましょう。

音楽などを聞いたりするのもNGです。

このような控室の態度は、採用後にお客様の会社に行った時にやってしまうこととして見られますので、悪印象を残さないように注意が必要です。

入室時の注意点

面接室に呼ばれたら、まず扉を3回ノックします。

一般的なマナーとして、ノックの回数は2回だとトイレのノックとなっているので、3回ノックするようにしましょう。

ノック後に返事があるので『失礼致します』と一声かけて扉をあけ入室します。

第一印象はとても印象に残りやすいので、姿勢を正して表情を明るくするように意識します。

扉の方を向いて扉をしめて、面接官に改めて挨拶をします。

『本日はお時間をいただきありがとうございます。 〇〇と申します。よろしくお願いいたします』といった感じで話しましょう。

その後は面接官の指示に従うのですが、指示があるまでは立ったままで、先に椅子に座ったりしないように注意しましょう。

面接中のマナー

いよいよ面接ですが、言葉遣いや話し方、表情などに注意が必要となります。

ただし、全てを正しく行おうとしすぎると逆にぎこちなくなってしまい、相手に内容が伝わりにくくなってしまいます。

言葉遣いは正しい方がいいのですが、まずは自分が相手の質問にしっかりと返答できることを意識するようにしましょう。

話す際は緊張でスピードが早くなりがちなのでゆっくり落ち着いて、相手に伝わる声の大きさで話していきます。

相手に内容を伝えやすくなるコツとしては『結論を始めに答える』ということがあります。

また、質問をされて考える際に髪をいじったり、体の一部を触ったりしてしまうクセがあるという場合はしないように意識します。

面接は自分を積極的にアピールできるチャンスの場であるため、話す場合はただ履歴書に書いてあることを話すのではなく、内容を付け加えて相手の目を見ながら話します。

関連記事

ヤマト運輸の面接はどんなことを聞かれるの?実際の質問や対策ポイントを紹介

ルート配送の志望動機の書き方の紹介!書くべきポイントやうまく伝える方法を細かく解説

中卒という学歴は高卒認定で変えられる

中学卒業後、社会に出てしまい今さら高校にも通う時間がないという場合においても学歴を高卒にできる方法があります。

その方法が『高等学校卒業程度認定試験』であり一般的に高卒認定と呼ばれます。

高卒認定とは、高校を卒業できなかった人の学習成果を適切に評価することで、高卒者と同等以上の学力があるのかを認定するための試験のことを言います。

合格しても履歴書に高卒と記入することはできませんが、高卒と同等の扱いを受けやすくなるだけでなく、大学や専門学校の受験資格も与えられます。

また、就職する上で重要になるのが資格ですが、高卒認定に合格することで受けれるようになる資格が大幅に増えます。

転職や就職の際にも、高卒以上の求人に応募することが可能となります。

履歴書には、学歴欄に『高等学校卒業程度認定試験合格』と記入するようにしましょう。

高卒認定の出題範囲は、中学生~高校1年生修了程度となっており、合格率は約40%ほどとなっています。

一度不合格となっても再度受けることが可能です。

中卒で就職を成功させるQ&A

正社員のメリットは?フリーターとの年収の違い

正社員とフリーターでは、20歳代の仕事のスタート時点では時給で見るとあまり変わらないかもしれませんが、フリーターやバイトで年月を重ねてもさほど時給は上がっていかないものです。それに対し正社員は昇給や昇格により年々上がります。一般的に生涯賃金では約2億円違うと言われています。年収で単純換算すると20~60歳まで40年間勤務した場合、年間500万円の差が生まれるのです。

中卒で高収入を目指すことはできますか?

中卒だから高収入は見込めない・今の就職先では到底無理とあきらめてはいけません。中卒でも目指すことができます。いつまでにどのようになりたいかを具体的に決めておくことも重要です。中卒で成功するには人一倍努力し勉強することが不可欠です。長期的な計画と短期的な進捗の確認が必要です。高収入の具体的なものは、自分の経験を活かした仕事や、起業などが考えられます。手に職を付けることもおすすめです。ただしどんなに頑張っても就職先が認めてくれなければ転職も検討すべきです。

中卒での就職だと平均初任給はいくらですか?

職種にもよりますが中卒で約15万円前後と言われます。高卒とは約1万円、大卒とは約5万円の差があります。中卒が安いのは仕方がないです。しかし、中卒でも給与を上げる方法はあります。中卒を嘆かずに仕事で挽回しましょう。

中卒で公務員になるなら、どんな職業がありますか?

中卒で地方公務員を就職先に選定した場合は「事務系」「技術系」の職業があります。「事務系」を就職先に選定した場合は、役所での事務作業がメインです。「技術系」を就職先に選定した場合は地域によって違いはありますが、土木・建築・機会・電気などがあります。また、自衛隊や警察官、消防士も挙げられます。中卒でも自衛隊に入隊し何らかの理由で転職する場合などは、自衛隊の経験があると意外と有利に働きます。中卒など関係なくなる場合があります。

通信制高校へ通えば中卒よりも就職しやすいですか?

中卒者が通信制高校で必要単位を取得し卒業できれば最終学歴が「高卒」となります。「中卒」より「高卒」の方がハローワークや就職情報誌などでの求人(就職希望者)数は多くなりますので、そういう意味では就職先の選定を行いやすくなります。

今目指すなら運送業の理由とは?

中卒で高収入と聞くと運送業が挙げられます。「運送業」の見出しでも述べましたが、運送会社は慢性的なドライバー不足で、ハローワークなどでも多くの就職情報が出ています。ドライバー不足により、運ぶ荷物やトラックがあってもドライバーがいないため仕事を断っている状況もあります。断った仕事は元には戻らないため死活問題です。中卒などの学歴よりドライバーになりたいと言う求職者(就職希望者)はまさに救世主です。中卒や高卒など関係なく大切に扱ってくれます。もちろん運転免許は必要ですので中卒後すぐに就職はできないでしょうが、免許取得後であれば転職が可能です。状況によては、大型や牽引などの免許取得の費用を就職先で負担してくれるケースもあります。不随した資格ではフォークリフトや玉掛がありこちらの資格取得も行わせてくれる就職先があります。そのため就職先の選定は大変重要です。就職先が負担してくれるのであれば、出費が少なくて済みます。ハローワークや就職情報誌などで就職先の選定を慎重に行ってください。また、中卒でもトラックドライバーになれば正社員です、給与や福利厚生も充実します。長距離ドライバーであれば休日は減りますが、その分給与が増えるため約50万円/月稼ぐ人もいます、これは中卒でも学歴は関係ないのです。このように運送業では大変貴重な存在として扱ってくれますのでおすすめの就職先です。

関連記事

トラック運転手の仕事内容とは?給料や求人、必要な免許などもご紹介

運送業界で役立つ資格まとめ16選!トラックドライバー転職や開業にオススメの資格とは?

いい運送会社の選び方とは?大手運送会社やサイズ別トラックドライバーの収入などを紹介

まとめ

いかがでしたでしょうか、中卒での就職先としては労働面で体力勝負の部分が多い状況です。中卒であるデメリットはあります。しかし、決して中卒だから就職できないわけではありません。中卒だからこその就職活動で自分に合った就職先を選定し、中卒でも希望の会社への就職ができる。就職を勝ち取りましょう。就職は合格できれば終わりではありません。就職できたら、また次のハードルがやってきます。収入UPや昇進・昇格も待っています。ここでは中卒や高卒関係なく実力社会です。中卒の学歴では無く仕事ができるかです。ぜひ次の目標を立て上を目指しましょう。中卒でも就職先で「なくてはならない人」になりましょう。

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-転職・就職
-

Copyright© ドライバーズ・マガジン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.