転職・就職

トラック運転手は未経験でも転職できる?条件や求人を詳しく紹介

更新日:

トラック運転手とは

トラック運転手とは、名前の通りトラックを運転することが仕事となります。

運転するトラックは小型、中型、大型と様々なサイズがあり運転免許はもちろん、高度な運転技術と安全知識などが必要とされます。

また運搬する荷物によって手積みしたりすることもあれば、フォークリフトやクレーンなどの積み込みもあり、必要に応じて固縛したりして安全に運搬先へ配送を行います。

今回はそんなトラック運転手に未経験でも転職できるのか。転職後の流れや収入などについてわかりやすく解説していきます。

未経験でもトラック運転手に転職できるの?

 

未経験からのトラック運転手への転職は可能でしょうか?

結論から言えば、異業種からの未経験転職は可能です。

業界で働くトラック運転手さん全員が最初は未経験から始まります。

社会に出てすぐに物流業界に入ってそのまま業界一筋、というわけではありません。

他の業界で働いてから、各自の願望や事情により未経験ながらトラック運転手への転職を志すことは少なくありません。

ここでは未経験の方がトラック運転手への転職を目指すための大まかな流れや注意点についてお話します。

未経験の職種は関係ある?

トラック運転手は未経験の職種や業種からの転職によって採用されないという事はありません

現在の日本は景気の陰りが多少見えるとは言え、オリンピックによる経済効果、アベノミクス主導の景気回復により労働者の人手不足が慢性的な課題になっています。

その中でもトラック運転手は人材不足の職種として人手確保を求められているのです。

貴方のやる気と準備さえあれば、未経験からのトラック運転手への転職に大きな障壁はありません。

何歳までなら未経験でも大丈夫?

トラック運転手のお仕事に厳密な年齢制限はありません。また繰り返しますが未経験の転職でもさほど大きな障害がなく受け入れられます。

一方で、トラック運転手の業務は肉体労働的側面もあります。

目的地まで運転すれば良いということではなく、その前後の作業も契約に含まれます。

つまり、荷物の積み込み、目的地についてからの積み下ろしなどがあります。

また、転職先によっては伝票処理なども求められるかもしれません。

実年齢というよりは「肉体年齢」が重要になると思います。

自分は未経験だけど、体を鍛えていて多少の荷物や長距離の運転でも身体に堪えたりはしない、と思っている方なら乗り切ることが出来ると思います。

しかし、最近は60歳を過ぎた高齢なトラック運転手による痛ましい事故が不定期に報道されています。

体力の衰えが原因で、業務中に事故を起こしてしまう確率は若い方よりも自分がケガを負ってしまったり、被害者に後遺症が残ってしまうようなリスクは避けたほうが良いのではと思います。

自分の判断だけでなく、家族や友人に相談して自分がトラック運転手に未経験で転職することをどう思うか?率直な意見を複数から得るほうが良いと思います。

資格は必要?

トラックには小型、中型、大型のサイズがあり、大型トラックには更にトレーラーなどの牽引タイプのものが存在します。

軽トラなど小型のトラックを運転するには、普通免許があれば問題ありませんが、他のサイズのトラックを運転するには以下のような運転免許が必要です。

・中型トラック

中型の中でも小型のタイプのものは準中型免許でも運転ができますが、それ以外に関しては中型免許が必要です。

・大型トラック

大型トラックを運転するには大型免許が必要であり、取得自体も普通免許を取得して3年以上経っていることが条件となるので、早くても満21歳以上でないと取得できません。

・大型トレーラ

荷台を牽引するタイプのトラックの場合、大型免許の他に牽引免許が必要となります。

トラックの運転には上記の免許が必須となるのですが、必ずしも転職時に取得していなければならないというわけではありません。

転職後に資格取得させてくれる会社が増えてきています。

未経験でトラック運転手に転職した時の年収

 

次にトラック運転手が得られる収入について調べてみました。

未経験転職者に対しての賃金格差などは比較的穏やかな業界です。

これは現在の業界における人手不足が大きく影響しています。

「猫の手も借りたい」ほど、安定してトラック運転手業務に取り組んでくれる人材を業界全体が望んでいるのです。

未経験の転職者であっても、さほど大きな障害はなく対応可能です。

 

※賃金構造基本統計調査より「(きまって支給する現金給与額×12)+年間賞与その他特別給与額」で計算し、万円単位で四捨五入

運送業界の平均年収

次はトラック運転手の業界平均年収を見てみましょう。

普通・小型のトラック運転手平均年収は約415万円

大型トラック運転手の平均年収が450万円

と言われています。以下の表は平均年収を年代別で見た表です。

年齢 大型 普通・小型
25~29歳 408万円 389万円
30~34歳 439万円 414万円
35~39歳 454万円 454万円
40~45歳 476万円 439万円
45~49歳 481万円 451万円
50~54歳 471万円 434万円
55~59歳 456万円 410万円
60~64歳 387万円 349万円
※賃金構造基本統計調査より「(きまって支給する現金給与額×12)+年間賞与その他特別給与額」で計算し、万円単位で四捨五入

 

年齢と年収の相関関係について

年齢による年収差、未経験の転職者と経験者の年収者が少ない職種と言えます。

20代から60代過ぎても安定して400万円を超える年収を確保できるという点から、安定感を評価される転職先です。

未経験者として勇気を出して飛び込む側からすると、安心できるデータだと思います。

敢えて否定的な指摘をさせてもらうと、年収の安定感はあるけれど、20代から60代にわたっての昇給があまり無い、という点は見て取れます。

働く方の価値観により、これは長所とも短所とも取れますが、貴方の人生設計次第の給与体系とも言えます。

未経験で転職して一旗揚げたい!と強く思っている方はもう少し業界分析や自分の適性を洗い出してみるのも一つだと思います。

早くトラック運転手として手に職をつけて、まず第一段階として安定した収入を得たい、と思われる方は転職を目指されたら良いと思います。

未経験からの転職でもこのレベルの年収を稼げるのは貴重だと思います。

そして未経験の年齢についても比較的間口を広げてくれていることもありがたいことだと思います。

 

トラック運転手に向いている人・向いていない人の性格や特徴

 

未経験でもトラック運転手に向いている人

トラック運転手の業界事情を少しずつ情報収集しながら、未経験でも是非トラック運転手の転職を目指したい、と思われましたか?

次は、転職先としてトラック運転手に向いている人、向いていない人についてお伝えします。

 

仕事中心に人生をじっくり過ごしたい方

人によって、自分の人生に対しての価値観はそれぞれです。ワークライフバランス、という言葉も日常で良く使われるようになりました。

定職をもちながらも、自分の趣味や個人的な時間に重きを置き、仕事はあくまでも自分の豊かな生活のための手段である、という考え方です。

そのようなタイプの方は未経験でのトラック運転手への転職は不適かもしれません。

トラック運転手の業務は様々な不確定要素に影響を受けることがあります。

  • 交通渋滞による時間の遅れによる業務時間の延長
  • 業務の開始時間と終了時間が取引先次第であるため、公務員のような定時勤務は望めない

トラック運転手はプライベートの時間にぎっしり予定を入れてこなしたい方には向いていないと思われます。

まずは人生のために仕事が安定する事、仕事自体を楽しみたい方、余った時間でゆっくりのんびりオフを過ごすことが好きな方にトラック運転手は向いていると言われます。

一人で仕事をするのが好きな方

トラック運転手は転職後、未経験の方のための研修期間をこなし、先輩運転手の合格をもらえば後は一人で業務をこなすようになります。

つまり業務時間は独りぼっちの時間が殆ど、ということになります。

貴方はどのような性格でしょうか?

  • 誰かといないと寂しい気持ちになって落ち着かない
  • よくしゃべる人ですね、と言われる

など人と常に接していたいと思う方は向いていない職種だと思います。

逆に、プライベートでも釣りや読書、パチンコなど長時間没頭する趣味が好きな方や居酒屋さんも一人で行くことに抵抗がない方などにはトラック運転手は向いているかもしれません。

運転が好きな方

これは言うまでもないのですが、トラック運転手は運転が嫌いな人が絶対選んではいけない転職先です。

「業務で、ガソリン代がかからずに車を運転しながら給料がもらえるなんて素晴らしい仕事だ」と感動できる方はこの転職が長続きすることでしょう。

運転が好き=仕事が好き、とつながるのは好ましいことです。

トラック運転手の転職を目指す人ならば、長続きさせるためにも必須の条件だと思います。

未経験からの転職、ということよりも、運転が好き、の方が大事だと思います。

 体を動かすのが好きな方

トラック運転手の業務は、客観的に見て肉体に負担をかけます。想定される業務内容として

  • 荷物の積み込み
  • 長時間運転シートに座ったまま、同じ姿勢を取って運転
  • 到着後荷物の積み下ろし
  • お取引先指定の場所への運搬

などがあります。

若い頃はまったく気にならなかった上記作業も、40代を超えるころからキツくなったり、体を痛めたりします。

未経験からの転職でいきなり上記業務をこなしたら人によってはクタクタになるのではと思います。

そもそも身体を動かすことが好きで、自分の体力に自信を持っている方におすすめします。

もちろん高齢の方を否定しているわけではありません。

しかし、それによって逆に身体を壊してしまうような事がなければ良いと思います。

給料を安定して稼ぎたい方

先ほどトラック運転手の年収について平均給与一覧表をご確認いただきました。

長所として平均年収を60歳前後までもらえることをご理解いただいたと思います。

そのまま企業に勤めていても、将来年収が1千万を超えることは期待できないと思いますが、安定を求める方には転職先として利点はあるのではと思います。

トラック運転手に向いていない人

逆にトラック運転手に向いていない人はどのような人でしょうか。

先ほどの向いている人と正反対な考え方や性格の人は向いていない可能性が高いですので、未経験からの転職をおすすめしません。

以下項目別に見ていきましょう。

同じ業務の繰り返しが苦痛な方

この項目は当たり前なのですが、未経験でトラック運転手に転職するためにとても重要な条件となります。

例えばライター業務に従事する人は、自分の考えや経験、調査した結果を分析発信する仕事を望んでいる人が多いと思います。

逆に作家や漫画家のように、自分の考えをまとめないと仕事の結果や提出する成果物が出てこないことにストレスを感じる人もいます。

これはどちらが良いというわけではなく、その人の向き不向きです。

仕事を一番に人生を考える必要はないと思いますが、なるべく「好き」な項目が多い仕事を自分の業務にすると、相性が良いのではと考えます。

そのおかげで未経験転職でも仕事が長続きし、経験と評価を積み重ねていき仕事への充実感が上がっていきます。

最終的には高評価を積み重ねて、さらにその業務が好きになるのではと思います。

運転が荒い方

最近は煽り運転に対する世間の目がとても鋭くなってきています。※煽り運転減少のために悪い事ではないので厳しく、とは書きません。

中にはトラック運転手の方が加害者となっている事案も複数件報道されていました。

皆さんはあの報道を観てどうお感じになりましたか?

とても子供じみていると思いませんでしたか?

そして、曲がりなりにも「プロ」と呼ばれるトラック運転手の犯行だったことを知りどう思いましたか?

プロボクサーが街で素人と殴り合いのケンカをするようなものですよね。

プロである自分の職業を自分で汚してしまった原因は自分の運転の荒さだったり、気性の激しさだったりします。

未経験から転職を決意して、手間暇をかけて、ようやく実現したトラック運転手です。

自分の事も会社の名誉も傷つけるこの危険要素がある人は業務で車に乗らないほうが良いと思います。

トラック運転手のやりがいと辛さ

トラック運転手と言っても上記で説明したように、運転するトラックの種類などによって運転以外の業務が違い、運転手ならではのやりがいや辛さがあります。

具体的にどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

トラック運転手のやりがい

トラック運転手のやりがいや魅力としてはいくつかあるのですが、どのドライバーにも当てはまるのが「人々の生活を支えている」ということです。

機械の部品や材料、食品、燃料や乗り物など運送業界はそのほかの業界全てで必須とも言える存在であり”経済の血液”と呼ばれている存在です。

他にも様々な場所へ行けるということもあります。

配送距離などにもよりますが、長距離運送であれば他県など言ったことがない場所にも行くことが可能であり、それ以外の配送であっても多くの地域へ配送を行うため地理に詳しくなったりすることができます。

トラック運転手の辛さ

トラック運転手の辛さもいくつかあります。

まずひとつ目が体力的なきつさで、トラック運転手は場合によって荷物を手積みしたりしなければなりません。

大きなトラックになるほど、何百個のダンボールなどを積み下ろししなければならず、長距離配送であればそのあとに長時間の運転をしなければならず体力的にも精神的にもきついと言えます。

また、基本的に配達時間には指定があり就労時間はそれに合わせる形となるため、早朝や深夜に配送ということも会社によっては珍しくありません。

未経験で転職した後の流れ

 

次は未経験で転職する場合に、どのような流れで一人前と認められて独り立ちするのかを見てみます。

それほど難しいことではありません。また、就職先の企業によって細かいやり方は異なると思いますが、未経験ドライバーから転職して一人前ドライバーになるための大まかな流れは変わりません。

まずは免許取得

運転免許がもちろん必要になります。

トラック運転手を志す方が未経験での転職時に普通運転免許を持っていない状態で面接前に書類で落ちる可能性が高いと思います。

運送業界を志すなら普通運転免許の事前取得は必須になります。

以下が中型免許、大型免許の取得条件です。

 

  • 普通・小型トラック運転手

中型免許

項目 受験資格・適性
年齢 満20歳以上
運転経歴 普通・準中型・大型特殊免許のいずれかの運転経歴が通算2年以上
※運転経歴が免許証で確認できない場合は運転経歴証明書が必要
※免許停止期間を除く

 

  • 大型トラック運転手

大型免許

項目 受験資格・適性
年齢 満21歳以上
運転経歴 普通・準中型・中型・大型特殊免許のいずれかの運転経歴が通算3年以上
※運転経歴が免許証で確認できない場合は運転経歴証明書が必要
※免許停止期間を除く

 

各免許取得にかかる費用と日数について

費用は20万から30万ほどとなります。

  1. それぞれの免許の種類によって費用が異なる
  2. 受験者が保持している免許の種類によって、費用が変動する
  3. 受験者が保持している免許の種類によって、取得にかかる日数も前後する

このトラック運転手になるために必要な費用は、転職先によって費用を全額負担してくれる企業もあります。

未経験からの応募者としてはその条件はありがたいですね。

しかし、トラック免許を取得してすぐに退職や転職をされてしまうと企業は大きな損害を被ります。

通常免許取得費用を負担する会社は、免許取得後に最低〇年勤めること、と設定することが多いです。

設定されていない場合も、それが認められているわけではありません。

良識にのっとって、会社に負担させた費用以上の労働力を提供しない場合は円満な退職になりません。

場合によっては、取得費用の返還を求められる事もあると聞きます。

未経験者転職の自分を育てるためにお金を出してくれてありがたい、という気持ちがあれば、あっという間に退職するようなことはないと思います。

しかしご本人の意思にかかわらず、転職先になじめないことやトラブルが発生する可能性はあります。

その場合に勤続年数の縛りは大変ですね。

全ての募集で募集要項が存在します。未経験転職者には追加で条件が設定されていることがあります。

よく確認をして後でトラブルにならないように対策を取っておきましょう。

 

次に横乗り

横乗りとはトラック運転手の先輩に研修として教わるため、1台のトラックに同乗してもらうことを指します。

期間は1週間から1か月くらいを設定しているところが多いようです。

未経験の転職者などは特に長めに設定されると言われます。

トラック運転手の先輩から、運転のノウハウ、会社の流儀や慣習などを教わります。

それだけでなく、先輩と狭い車内で二人きりになりますのでプライベートの話などもするようになることが多いです。

人間関係構築のために有効に使える時間になります。

最初は緊張するかもしれませんが、社内の先輩だけでなく、お取引先の人と打ち解ける訓練にもなります。

誰しも最初は未経験です。他業種から転職されてきた先輩もたくさんいるでしょう。

その時の話に触れて、今までどうやって乗り越えてきたのか、など聞いてみると先輩も話しやすく打ち解けられるようになるでしょう。

打ち解けられて、信頼関係ができれば翌日からの横乗りもやりやすくなることでしょう。

ぜひ横乗りで運転技術だけでなく、コミュニケーション術も訓練する気持ちでのぞんでみてください。

 

ついに独り立ち

横乗り期間が終わると、いよいよ一人でお得意先を担当するトラック運転手として任命されます。

未経験から転職し、ようやくトラック運転手として認められ、とても感慨深い事でしょう。

最初は緊張すると思います。自分が得意なはずの運転も、お客様の前での振る舞いなど含めて最初は気疲れしてしまうかもしれません。

誰もが最初は未経験です。何か失敗したとしても致し方ありません。

まずは何より優先されるのが安全で丁寧な運転です。

人の評価はミスをすることで落ちるのではなく、そのミスを改善できず繰り返すことで周囲の人の評判を落とします。

そのミスに対して謙虚に誠実に対応し、学習し二度目を繰り返さないようにすることで貴方の評判は上がっていきます。

信頼の積み重ねが大切であると肝に銘じて、プロフェッショナルな行動ができるトラック運転手を目指してください。

未経験のトラック運転手の志望動機の書き方

ここまでの情報から、未経験の転職でトラック運転手を目指す決意が出来た方は面接への対応準備をしていきましょう。

現在の職業から未経験でトラック運転手への転職を目指すきっかけが何だったのか?

自分がやる気を持っている、魅力を感じている理由を素直に出していきましょう。

思ったことを伝えるのは良いですが、あまりに自分勝手な動機だと同僚と仲良く打ち解けられるかどうか心配されてしまいます。

一度思ったことを書き出して、一晩寝てからその紙を読んでみると良いと思います。

自分で読んで違和感があれば、面接官はもっと違和感を感じているはずです。

ホワイトカラーから未経験でトラック運転手に転職する場合の志望動機

オフィス勤務で事務職出身の方が未経験でトラック運転手を目指す場合、志望動機はどうあるべきでしょうか?

確実な答えがあるわけではないですが以下のようなキーワードを含めれば面接官も安心すると思います。

未経験の業界に転職で飛び込もうと決めた理由を明確に伝えることが大切です。

そして、何よりも熱意とやる気が伝わるよう相手の目を見て自分の言葉で一生懸命伝えましょう。

  • 現在の業界と職種から、なぜトラック運転手への転職を目指すのか。魅力を感じた理由を伝える
  • トラック運転手として将来どのような役割を担いたいかを伝える
  • 事務職業界から未経験職種を目指すことで、転職先にどのような貢献ができるかを伝える

上記によって、「採用してくれたら御社にはこういうメリットを提供できます」というメッセージになっていると良いと思います。

ブルーカラーから未経験でトラック運転手に転職する場合の志望動機

事務職ではなく、作業員や肉体労働関連業界からの未経験転職であっても転職志望動機のコツは変わりません。

  • 現在従事している作業との関連性の有無
  • 車を使う業務に就きたい理由
  • トラック運転手として転職先にどのような貢献ができるかを伝える

この内容を自分なりにまとめて、未経験ながら是非目指したい、という思いが自然と口から出るようにしておきましょう。

【まとめ】結局、未経験の転職でトラック運転手はオススメ?

以上が未経験からトラック運転手を目指すみなさんに最初に知っておいていただきたい概要です。

未経験でトラック運転手へ転職することがオススメかどうかは私には判断が出来ません。

「トラック運転手に向いている人いない人」として書きましたが一人一人の性格や嗜好は異なります。

そのため、トラック運転手が適職かどうかはその仕事に就いてみないと分かりません。

ただ一つだけ確実に言えることは、未経験の人を経験者と分け隔てなく採用してくれる業界は世の中にさほど多くないということです。

門戸を開いてくれているトラック運転手という仕事に対して、誠実にやる気をもって取り組めば未経験であろうとも必ず成功するのではと思います。

まずは応募する前の情報収集を徹底的に行いましょう。

この記事が少しでも皆様の転職活動にお役に立てていれば大変幸甚です。皆さんの成功を祈念しております。

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-転職・就職
-, ,

Copyright© ドライバーズ・マガジン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.